リビング壁の上の方にの窓を作ったが、実際には開けることがほとんどない

リビングか隣の和室に窓をつけようかと悩んでいたのですが、リビングは少しでも明るく、風通しの良い方がいいなと思っていたので、少しのスペースでも窓をつけようと思い、高い位置に横長でオシャレな感じでつけてみた。

住みだした当初は風も通るし、やっぱり明るいので開けていましたが、窓の下に大きめのテレビボード(窓のすぐ下辺りまであるもの)を置くとボードに物を並べたりもしているので、開けにくく一度しめると締めたままの状態になってしまっています。

また、隣に施設ができ、日当たりも悪くなりロールカーテンも締めたままになっていて、壁と変わらないいらない状態なので、必要のない窓だったのかなと思っています。

設計する時に、隣に建物が立つのも考えてみれば、すぐにわかることなので、最初からあまり必要のない窓だったみたいです。

また、窓に合わせてカーテンを付ける時も、いるのか要らないのかは悩みましたが、とりあえず付けておけば使えるという理由で付けましたが、窓ガラスがすりガラスになっているので、カーテンもいらなかったなぁと最近では思っている。

なので、リビングではなく、和室に小さい窓をもう一つ窓を付ければよかったなと思っています。

購入はこちら⇒横浜市緑区の注文住宅